au損保の自転車向け保険Bycle(バイクル)シリーズ。自転車向け保険人気ランキング4年連続第1位獲得

※ウェブクルー運営サイト「保険スクエアbang! 自転車保険」で申込件数が多い順。ウェブクルー提携保険代理店「損害保険見直し本舗」調べ(2019/1/1~2023/12/31)

Bycleシリーズ一覧

Bycleシリーズは、
お客さまのライフスタイルに合わせて
3つの商品ラインナップ
をご用意しています。

今、BycleBestを
お選びいただく方が増えています!※1

自転車事故を含む交通事故はもちろん、
部活・レジャーなどの
「日常の事故」へも備えたい方向けの保険

バイクルベスト

BycleBest
  • 個人賠償責任補償
    2億円以上

  • 自転車ロードサービス付き

  • 日常の事故まで補償

※1 2023年4月~6月 当社契約実績

「自転車事故を含む交通事故」
備えたい方向けの保険

バイクル

Bycle
  • 個人賠償責任補償
    2億円以上

  • 自転車ロードサービス付き

「70~89才のシニア世代専用」の保険
自転車事故を含む交通事故はもちろん、
日常生活での事故も補償!

バイクルエス

BycleS
  • 個人賠償責任補償
    2億円

  • 自転車ロードサービス付き

  • 日常の事故まで補償

※75才以上の方はBycle S(バイクルエス)のみのご案内となりますのでこちらから商品ページへお進みください。

自転車向け保険プラン診断

あなたに合った補償内容と保険料を
簡単3ステップで診断します!

STEP1

補償の対象と
なる人を選ぶ

STEP2

ご自身のケガの
補償範囲を選ぶ

STEP3

補償の手厚さ
を選ぶ

補償の対象となる人を選んでください

STEP2へ

自転車向け保険プラン診断

あなたに合った補償内容と保険料を
簡単3ステップで診断します!

STEP1

補償の対象と
なる人を選ぶ

STEP2

ご自身のケガの
補償範囲を選ぶ

STEP3

補償の手厚さ
を選ぶ

ケガの補償範囲を選んでください

※2023年4月~6月の当社契約実績

STEP3へ

STEP1へ戻る

自転車向け保険プラン診断

あなたに合った補償内容と保険料を
簡単3ステップで診断します!

STEP1

補償の対象と
なる人を選ぶ

STEP2

ご自身のケガの
補償範囲を選ぶ

STEP3

補償の手厚さ
を選ぶ

補償の手厚さを選んでください

診断結果を見る

STEP2へ戻る

診断結果

あなたに合ったタイプ・コースは

Bycleバイクル

家族 タイプ

×

ブロンズコース

Bycle Best バイクルベスト

家族 タイプ

×

ブロンズコース

保険料

  • 月払

    月々

    680

  • 一時払

    1年契約

    7,440

    月払と比べて年間 720円 おトク!

    さらに2年契約なら
    1年契約と比べて約10%おトク!

補償の範囲

加害事故を起こした場合
自転車事故を含む交通事故を起こした場合
部活・レジャーを含む日常の事故を起こした場合
部活・レジャーを含む日常の事故を起こした場合

補償・サービス内容

死亡・後遺障害 ヘルメット着用中死亡 入院保険金日額 手術保険金 ロードサービス 示談代行サービス 個人賠償(2億円) 個人賠償(3億円) 入院一時金 入院一時金 通院保険金日額 通院保険金日額 法律相談費用 法律相談費用 弁護士費用 弁護士費用

申込み画面であなたに合った商品・
タイプ・コースをお選びください

※クレジットカード・auかんたん決済 (au / UQ mobile / povo)・au PAY・コンビニでお支払いができます。

ご継続手続きについて

ご契約中のお客さまへ
事故受付・保険金請求・ご継続手続きについてなど

お客さまの声

お客様の声

子供の事故が心配で加入しました

40代 女性

Bycle

家族タイプご契約

小学生の自転車事故で高額な賠償が請求されたというニュースを見て、うちの子供が自転車事故を起こしたらどうしようと心配になり、自転車保険の加入を検討しました。最初は子供だけの補償を考えていましたが、家族タイプにすると家族全員が補償されるとのことでしたので、家族タイプを選びました。

お客様の声

保険料の手頃さと、ロードサービスが決め手でした

30代 男性

Bycle

本人タイプご契約

毎日自転車通勤をしていて、週末も趣味でサイクリングに出かけています。自転車事故に備えたいと思っていろいろ調べていたところ、この自転車保険は価格が手頃で自転車ロードサービスがついていたので、こちらに契約することを決めました。

お客様の声

趣味のスポーツもカバーできて安心です

30代 男性

Bycle Best

本人タイプ
ゴールドコースご契約

通勤で毎日自転車に乗っています。安全運転を心がけているものの何度かヒヤッとしたことがあり、何かあってからでは遅いと思ったので自転車保険を探しました。スポーツ中のケガも補償してくれるこのプランなら、普段から趣味のフットサルやスノーボード等で身体を動かすことが多い自分にピッタリだと思い、契約しました。

お客様の声

子供の部活中のケガも心配で「Bycle Best」にしました

40代 女性

Bycle Best

家族タイプ
ブロンズコースご契約

近所のスーパーへの買い物等で日常的に自転車を使うので、自転車保険への加入を検討していました。最初は自分の自転車事故に安く備えられれば良いと思っていましたが、子供がサッカー部に入り、部活中のケガも心配になったため、このプランの家族タイプなら自分の自転車事故と子供のケガの両方に備えられて安心だと思いました。

    auユーザーの皆さまへ

    au IDを連携すると、お申込み時のお客さま情報の入力がカンタンに!

    氏名、住所などau IDにご登録のお客さま情報が、お申込み画面に自動でセットされます。
    お支払いもauかんたん決済(au/UQ mobile/povo)、au PAYでラクラク!
    auかんたん決済(au/UQ mobile/povo)からはPontaポイント※も使える!

    ※一時払にて1ポイント=1円相当でご利用いただけます。

    よくあるご質問

    1. 自転車向け保険ってなんですか?

      自転車向け保険とは、一般的に「傷害保険」と「個人賠償責任保険」がセットの、自転車利用時の事故などのリスクをカバーする保険を指します。
      傷害保険は、自転車事故を含む交通事故全般でのご自身のケガが補償される保険です。
      個人賠償責任保険は、自転車運転中に相手にケガをさせてしまった場合だけでなく、日常生活の事故で相手をケガ・死亡させてしまった場合、相手の財産(物)を壊してしまった場合など、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償が受けられる保険です。

    2. 自転車保険の加入義務化ってなんですか?

      自転車保険の加入義務化とは、“被害者の保護”と“加害者の経済的負担軽減”を目的に、各地方自治体が条例により自転車保険の加入を義務づけていることです。自転車は子どもからお年寄りまで幅広い年代で利用されており、誰もが重大事故に巻き込まれる可能性があります。重大事故の場合、高額な賠償金請求が発生する可能性があるため、加入義務化を推進する自治体は増えており、自転車保険への加入をおススメしております。

      全国に広がる「自転車保険加入の義務化」についてはこちら >>

    3. 家族タイプの場合の補償の対象となる家族の範囲を教えてください。

      「自転車向け保険 Bycle」、「自転車向け保険 Bycle Best」、「ケガの保険 交通事故」の家族タイプの被保険者(補償の対象となる方)の範囲は、契約申込画面にてご指定された本人、本人の配偶者、その他親族※となります。

      ※家族タイプのその他親族とは、次の方をいいます。
      ・本人またはその配偶者と同居の、本人またはその配偶者の親族
      ・本人またはその配偶者と別居の、本人またはその配偶者の未婚の子
      上記の補償の対象の範囲の方全員が家族タイプで補償される事となります。

      (注)親族とは、6親等内の血族、3親等内の姻族をいいます。また、 未婚とは、これまでに婚姻歴のないことをいいます。

    4. 「自転車向け保険 Bycle」、「ケガの保険交通事故」の違いは?

      • ①ご自身の補償について、「自転車向け保険 Bycle」、「ケガの保険 交通事故」は、いずれも交通事故によるケガを補償しますが、「自転車向け保険 Bycle」は、自転車に係る事故(※1)の場合、「死亡保険金」「後遺障害保険金」「入院一時金」「入院保険金」「手術保険金」「通院保険金」が2倍となります。また、2017年2月16日以降を保険開始とする「自転車向け保険 Bycle」には「ヘルメット着用中死亡特別保険金補償特約(※2)」がセットされています。
      • ②サービスについて、「自転車向け保険 Bycle」には「自転車ロードサービス(プレミアム)」がセットされています。詳しくは、各プランのページでご確認ください。

      ※1「自転車に乗っている間の事故」「自転車に乗っていないときに運行中の自転車と衝突・接触した事故」をいいます。

      ※2ヘルメット着用中死亡特別保険金は、自転車搭乗中等の傷害2倍支払特約の対象外となります。

    5. 「自転車向け保険」に加入中です。自転車を買い替えましたが、手続きは必要でしょうか?

      「自転車向け保険」は自転車本体にかける保険ではなく、被保険者(補償の対象となる方)ご自身のおケガなどについて補償する保険です。自転車を買い替えされた場合や、複数台所有されていても自転車の特定や登録の必要はありません。
      また、電動アシスト付き自転車に買い替えた場合も、同様に自転車の特定や登録の必要はありません。

    よくあるご質問をもっとみる

    お役立ちコラム

    保険会社ならではの自転車に関する
    お役立ち情報をお伝えします。

    コラムTOPへ

    重要事項説明書・約款

    電子ファイル(PDF)でのご提供となります。
    特に「重要事項のご説明」については、印刷し書面で保管いただくか、パソコンなどに保存いただくことをおすすめします。

    BS0221534(2402)