ペット医療費用保険(犬・猫の保険)~通院なしタイプ~

愛犬が下痢をしていたら?考えられる原因や対処・予防方法を解説

本記事では、犬の下痢の特徴や原因、下痢の症状がある場合の対処・予防方法を解説していきます。

大切な愛犬が下痢をしていたら「病気なのかな?」と健康状態を心配する方も多いのではないでしょうか。

実際に犬の下痢には、一時的なものから、すぐに獣医師へ相談したほうが良いものもあります。

いざという時に慌てず落ち着いて対処できるよう、犬の下痢について知識を持っておきましょう。
  • 下痢
  • 原因

犬の下痢の状態と種類


正常な犬の便は、簡単に手でつかめる程度の硬さが一つの基準となります。水分が多く地面やペットシーツに便が残る状態や、ほとんど形がなく水や泥のような状態は下痢だといえるでしょう。
下痢の原因は様々で、全ての下痢が病気というわけではありません。何らかの原因により急性の下痢をする場合もありますし、体力や抵抗力の弱い子犬や老犬は下痢をしやすいともいわれています。
また、犬の下痢は小腸に異常があるか大腸に異常があるかでも分類ができます。それぞれの下痢の特徴を見てみましょう。

小腸性下痢

小腸の異常が原因の小腸性の下痢は、いつもより便が多く、ほとんど水のような便が出る傾向にあります。
1回の便の量は多いものの、回数はそれほど増えません。下痢が長引くと、体重の減少や嘔吐などの症状も見られるでしょう。

大腸性下痢

大腸に異常がある場合、便量は通常とあまり変わりませんが、便の表面にゼリー状の粘液がつくのが大きな特徴です。
体重が減少することはほとんどなく、便に赤い血が混ざっている場合があります。

犬が下痢をする原因


下痢には食事、ストレス、病気など様々な原因があります。日常の些細なことでも下痢の原因となってしまうことがあるため、よくある原因を押さえておきましょう。

食事の変化

食事の内容の変化は、下痢の大きな原因になります。新しいドッグフードや人間の食べ物を与えた場合など、食べ慣れていない食事でお腹の調子が悪くなることがあります。
食事の回数を変えると、餌を食べ過ぎてしまう場合もあり、下痢に繋がることがあります。
また、食後すぐの下痢は食物アレルギーの可能性もあります。普段食べているドッグフードでもアレルギー症状を発症し、食物アレルギー性の下痢を起こす可能性があるのです。
下痢だけではなく嘔吐していたり、毛が過剰に抜けてしまっていたり、皮膚をかきむしっていたら、食物アレルギーの可能性を疑いましょう。

異物誤飲・誤食

散歩中に特に注意したいのが、誤飲や誤食です。道端で見つけた傷んだ食べ物やゴミなどを食べてしまうと、下痢を起こしやすくなります。
また、室内で愛犬と暮らしている場合は、家の中での誤飲・誤食も多いので注意しましょう。

ストレス

犬は些細な環境の変化に敏感な生き物です。人間と同じように、犬もストレスでお腹の調子が悪くなることがあります。
犬が感じるストレスは、引っ越しや長時間の留守番、家族が増えるといった環境の変化などの精神的なものから、運動(散歩)不足や部屋の狭さなどの身体的なものまであります。

ウイルス

犬の下痢はウイルスが関係している緊急性の高いものもあります。
例えばパルボウイルス感染症は、とても伝染性の高いウイルス性の病気です。激しい下痢のほか、嘔吐や脱水の症状が出ることもあります。
他にもジステンパーウイルス感染症や、大腸菌、サルモネラ菌といった細菌に感染することでも下痢を発症します。

寄生虫

子犬の下痢は、回虫症や瓜実条虫症などの内部寄生虫の可能性もあります。便に虫体が混ざっていて気づくこともあります。特に犬回虫は人間に感染する可能性もある怖い病気です。

犬が下痢をした場合の対処法


いつも元気な愛犬が下痢をしていたら、心配になってしまう方も多いでしょう。動物病院へ連れていくかどうかの判断も難しいところです。
そこで、愛犬に下痢の症状がある場合の対処法を状況別に解説します。

下痢をしているが元気そうな場合の対処法

下痢以外に症状はなくいつも通り元気そうな場合は、一時的な下痢の可能性もあります。
食事の変化やストレスが原因として考えられるので、食事内容を見直したり、ストレスを与えないようにするなどを意識してみてください。
食事は普段のフードをお湯でふやかしてあげるなどの工夫をして、消化器官への負担が少ない、消化しやすいものを与えると良いでしょう。食事量も少なめにして、こまめに水分を与えてください。
ただし、ほとんど水のような状態の下痢の場合や、1日に何回も下痢をしている場合は動物病院に連れて行った方が良いでしょう。

下痢が長く続く場合の対処法

一時的な下痢であれば自然に治ることがほとんどです。しかし、2〜3日経っても下痢が続くようなら病気の可能性も考えられるため、獣医師に相談しましょう。

下痢以外にも症状がある場合の対処法

元気がない、嘔吐をしている、餌をほとんど食べないなど、下痢以外にもいつもと様子が違う場合は注意が必要です。
特に、下痢と嘔吐が両方ある場合は脱水症状を起こしてしまう可能性が高いです。早めに動物病院へ連れていく等の対処をしましょう。

下痢に血が混ざっている場合の対処法

血が混ざった水のような下痢は、ウイルスや寄生虫、消化管の腫瘍、その他の病気の可能性も考えられます。早急な治療が必要なこともあるため、すぐ動物病院へ連れて行きましょう。

犬の下痢を予防するポイント


ここまで解説した通り、犬の下痢の原因は食事や病気など様々です。自宅や動物病院で愛犬の健康チェックを定期的に行うのはもちろん、以下のポイントも意識してみてください。

食生活を見直す

動物は食べ慣れていないものを食べるとお腹を壊すことがあります。
新しいドッグフードをあげたい場合は急に切り替えるのではなく、以前のフードに少しずつ加える形で与えてください。

環境を整える

下痢の原因を減らすためには、犬が下痢をしにくい環境に整えることも大切です。
日頃からスキンシップをしっかりとり、ストレスを与えない環境づくりを意識しましょう。飼い主に体を撫でられたり声をかけられたりすると安心する犬は多いです。
運動不足もストレスになるため、散歩の頻度の見直しや、おもちゃを与えてみるのも良いかもしれません。愛犬にとって最適なストレス発散方法を見つけてください。
また、誤飲・誤食は腸閉塞など命に関わる場合もあるため、飼い主がしっかり見守っておきましょう。部屋の中の危険なものは愛犬の見えないところに置いてください。犬のおもちゃも飲み込めないサイズを選ぶことが大切です。

散歩中は犬の行動をよく見る

散歩中は愛犬の行動によく注意しましょう。好奇心旺盛な犬は、散歩中に目についたものを飲み込んでしまうことがあります。誤飲・誤食以外に、細菌や寄生虫感染の原因にもなります。
犬は道端に落ちている他の犬の排泄物のニオイを嗅いでしまいがちですが、排泄物には細菌や寄生虫の卵などの病原体が潜んでいる可能性があります。
ニオイを嗅いだり舐めたりといったことをしないように、しっかり見ておきましょう。

ワクチン接種や定期的駆虫

感染が原因で起こる下痢は、ワクチン接種や定期駆虫によっての予防が期待できます。獣医師に相談したうえで検討してみてください。

犬の下痢は注意が必要な場合も!日頃から健康状態をチェックしよう


愛犬の便は、健康状態をチェックするための一つの基準になります。普段から便の状態を把握し、異変があれば動物病院へ連れて行きましょう。
また、子犬や老犬の下痢には特に注意してください。免疫力が低いため体調が悪化しやすく、気づいたら危険な状態になっている可能性もあります。下痢が何らかの病気のサインだとも考えられるので、注意して愛犬の状態を見ていきましょう。

au損保のペットの保険なら、24時間365日無料で獣医師に電話相談が可能


「au損保のペットの保険」なら、24時間365日いつでも獣医師への電話相談が無料で行えます。※1
フードやしつけなどの日常の悩み、動物病院に連れて行くべきかの判断など、ペットについて困った時にご活用いただけます。
※1:通話料はお客さま負担です。

ペット保険ならau損保

犬や猫を飼い始めた方、ペット保険の切り替えをお考えの方はau損保のペットの保険はいかがでしょうか?

「au損保のペットの保険」が選ばれる5つのポイント


  1. ①お手ごろな保険料
  2. ②保険期間中の保険金支払いは回数無制限で、1回あたりの限度額なし!
  3. ③保険金お受け取り時の対応満足度96.3%※2
  4. ④お申込から保険金のご請求までスマホで完結
  5. ⑤24時間365日、無料で獣医師に相談可能


「au損保のペットの保険」なら、月々830円~のお手ごろ価格で家計に優しく※3、お支払い限度額までなら保険期間中の保険金支払いは回数無制限で、1回あたりの限度額はございません。

保険金のお支払いは、獣医師が監修し、対応満足度も96.3%※2と、多くの方に満足いただいております。

また、保険金の請求に関してもWEB上や電話に加え、スマホアプリからも行えます。
スマホアプリの場合は、面倒な紙の請求書の記入・郵送は不要です。そして、大切な家族(ペット)の健康やしつけ、お困りごとなどを24時間365日獣医師に電話相談できます。相談料は無料です。※1

ぜひau損保のペットの保険をご検討ください。

※1:通話料はお客さま負担です。
※2:2020年4月から9月までの6か月間、保険金をお受け取りいただいたお客さまを対象にアンケートを実施。アンケート回答件数214件中「満足した」「どちらかというと満足した」を集計
※3:※猫2歳/通院なしタイプ/50%コースの場合
この記事の監修者

志村みゆきさん

獣医師。日本獣医生命科学大学獣医畜産学部獣医学科を卒業後、獣医療、営業、編集者、研究助手、専業主婦などを経て、現在、医大の研究室にて動物実験や生化学実験業務に従事。

[ペット医療費用保険]N21C310198(2112)