猫のかかりやすい病気やケガ|ペット保険|au損保

ペットの保険

 猫ってどんな動物? 

腎不全が心配…

特 徴

今ではペットとして一般的になった猫ですが、人間が猫を飼うようになったのは約5000年前と言われています。
その当時の猫はアフリカにいた野生動物のリビアヤマネコだったことがわかっています。やがて長い年月をかけ、さまざまな猫が生まれました。
猫の進化は大きく3種類に分かれており、シャムやペルシャなどの自然発生的に生まれたもの、ヒマラヤンなどの人間がある目的をもって異なる種を交配し生まれたもの、スフィンクスなどの突然変異によって生まれたものなどがあります。

腎不全が心配…

かかりやすい病気・ケガ

一般に犬より病気になりにくいといわれていますが、高齢期の腎不全については犬よりリスクが高いとされています。
これは、猫は水分をエサから取る傾向があり、あまり水を飲まないことが原因の一つと考えられています。
慢性腎不全になると腎臓の機能が低下するため、多飲多尿となり老廃物も体内に蓄積します。また、腎臓の他の働きである血液の調節機能も低下するため元気消失、体重減少などの全身的な症状へ移行していきます。

もし腎不全になったら、
治療費にいくら位かかるの?

  • アイコン食欲が落ち、痩せてきたように思い病院へ。検査の結果、腎不全のため入院治療が必要とのこと。
    治療を受け回復し、その後定期的に通院。
  入院・手術(4泊5日) 通院(20日)
治療別 93,900円 86,000円
治療費計 179,900円

えっ!?

ほんの数回の通院で、
治療費がかさんでしまうケースも!!

  • アイコン朝起きたら、目やにで目が開かないほどになっていたので病院へ。結膜炎のため点眼液を処方される。通院治療。
  入院・手術 通院(6日)
治療別 なし 8,000円
治療費計 8,000円

これは思わぬ出費…

ペットの治療費は高額になりがちです!!ペットの治療費は高額になりがちです!!

だからこそ
大切な家族ペットが万一のとき、治療費のことで
悩まないで済むように、
au損保は
「ペットの保険」をお届けします。

ペットの保険ページに戻る  >

猫は腎不全が心配!突然の病気やケガで入院や手術をした場合も、ちょっとした通院の場合でも、治療費は高額になりがちです。
au損保の「ペットの保険」なら、愛猫のもしもの病気やケガに備えることができるから安心です!!

  • 注)上記治療費は一例です。実際の治療費・治療内容は症状、動物病院ごとに異なります。
B16C310063[1605]