犬のかかりやすい病気やケガ|ペット保険|au損保

ペットの保険

 犬ってどんな動物? 

ガンが心配…

特 徴

犬の祖先はオオカミ、ジャッカル、コヨーテなどで、これらがさまざまな交配を重ねた結果、現在のバリエーション豊かな品種が生まれて来たといわれています。
犬が人と暮らすようになった時代はとても古く、1万2000年程前とされています。この時代の人々はちょうど集落を形成し始めた頃で、食料を得るための狩猟方法も個での狩猟から集団での狩猟に変化していきました。
社会性の高い犬はこのような人間の生活様式の変化にマッチした結果、人と一緒に生活し始めるようになりました。

ガンが心配…

かかりやすい病気・ケガ

犬の飼育環境や医療技術の向上により、犬も年々長生きするようになりました。これにともなって、犬も人間と同じようにガンになることが増えてきました。
犬は一生のスピードが人間より早いためガンの進行も早いのですが、適切に手術や治療を受ける事により、ガンを治療したり進行を遅らせたりすることができます。

もし皮膚腫瘍になったら、
治療費にいくら位かかるの?

  • アイコン【ゴールデン・レトリーバーの場合】
    背中のしこりに気付き受診。検査の結果、皮膚腫瘍のため切除手術。術後、抜糸のため通院。
  入院・手術(3泊4日) 通院(2日)
治療別 132,500円 23,400円
治療費計 155,900円

えっ!?

ほんの数回の通院で、
治療費がかさんでしまうケースも!!

  • アイコン【ラブラドール・レトリーバーの場合】
    夏に、耳をかゆがるので病院へ行くと外耳炎との診断。
    垂れ耳なので、蒸れて外耳炎になりやすいとのこと。通院治療。
  入院・手術 通院(6日)
治療別 なし 29,200円
治療費計 29,200円

これは思わぬ出費…

ペットの治療費は高額になりがちです!!ペットの治療費は高額になりがちです!!

だからこそ
大切な家族ペットが万一のとき、治療費のことで
悩まないで済むように、
au損保は
「ペットの保険」をお届けします。

ペットの保険ページに戻る  >

犬はガンも心配!突然の病気やケガで入院や手術をした場合も、ちょっとした通院の場合でも、治療費は高額になりがちです。
au損保の「ペットの保険」なら、愛犬のもしもの病気やケガに備えることができるから安心です!!

  • 注)上記治療費は一例です。実際の治療費・治療内容は症状、動物病院ごとに異なります。
B16C310069[1605]