安全な自転車通学のために

乗る人の行動範囲を手軽に広げてくれる自転車は通学でも多く利用されています。お子様自らが自転車通学を望むことも多いかもしれません。

自転車通学をする子供は学生のうちどれくらいの割合を占めているか、ご存知ですか?国土交通省 都市計画調査室のパーソントリップ調査によると、自転車通学をする生徒は東京都市圏で12.1%(平成10年)、金沢都市圏では18.4%(平成7年)、さらに香川・高松都市圏では30.5%(平成11年)に達するほど多いのです。それだけ多くの学生が毎日の通学に自転車を利用しているなか、安全のための交通ルールや自転車のマナーを守らない危険な走行を見かけることがあります。移動手段として大切な足であるにもかかわらず、自転車が粗末に扱われているケースもあるようです。
(出典:国土交通省都市計画調査室 都市交通調査概要

通学用自転車を選ぶ上手なポイント

自転車通学をする中学生高校生の学生さんとその保護者である親御さんに向けて、自転車保険のau損保では安全な自転車通学に役立つ情報をまとめました。 自転車通学におすすめの走行が快適でメンテナンスがしやすい自転車の選び方のポイントや、トラブルを避けるために最低限守っておきたい交通ルール、自転車による交通事故による統計やいざというときの備えとなる自転車保険などについて、これから自転車通学を始めるお子さんにも、既に自転車通学をしているお子さんにも大切なノウハウが詰まっています。身近な自転車だからこそ、親子で安全対策についてチェックしてみましょう。

ほぼ毎日乗り続けることになる通学利用の自転車。買い物などに比べて1度に走る距離も長く、想像を超える負担がかかります。「物を大切に」という心が育っていない年頃ですから通学用自転車の扱いも雑になりがちで、トラブルも多発します。 また、安全な自転車通学ライフのために、万が一の怪我や事故に対応するためのリスクマネジメントも重要です。 au損保では、自転車通学をはじめる方のための知っておくと便利なノウハウをまとめています。 今回の「通学用自転車を選ぶ上手なポイント」では、自転車通学をはじめる学生さんや親御さんにとって重要な通学用自転車の選び方をテーマに、「どんな自転車が通学に適しているか」をご紹介します。

そんな通学用自転車に求められるポイントは「丈夫で長持ち」すること。この記事では丈夫で長持ちするためにチェックすべき要素をご紹介します。

自転車の安全性・メンテナンスに関わる変速機の違い

自転車通学をする際、平坦な通学路であれば変速機はいりませんが、アップダウンがあるような通学路だと元気な中高生でも変速機が必要になります。この変速機は内装式と外装式に大別されます。内装変速機の場合は自転車の変速がいつでもできますが、外装変速機では走行中のみ可能になります。メンテナンス性の面では内装変速機・外装変速機ともにワイヤの調整が要りますが、外装変速機はそれに加えてこまめな注油も必要になります。また、変速機のない自転車と比較すると、価格が高くなったり重量が重くなる面もあります。変速機なしの自転車と変速機付きそれぞれの自転車の特徴は以下をご覧ください。変速機がむき出しの外装式は自転車を使うにつれて汚れたりサビたりしがちですから、通学用自転車にはやはりメンテナンスの手間がかからない内装式がおすすめです。

また、内装式なら停車中も変速できるので、走り出しはいつも軽やかです。 一般的に変速機は段数が増えるほど変速はなめらかになり快適に走れるようになりますが、その一方で価格は上がります。アップダウンや信号などの通学ルートを考慮して必要な段数を選びましょう。

自転車変速機の種類と安全性・特長

比較項目 変速機なし 内装変速機 外装変速機
変速 できない いつでもOK 走行中のみ
段数 1段 3・5・7・8段 6・7・8段
※一般車の場合
重量 最も軽い 変速機なしと比べ、段数が増えると重くなる
チェーントラブル ほとんどない たまにある
メンテナンス 駆動系に関してはほとんど必要なし ワイヤの調整程度 ワイヤの調整のほかこまめな注油が必要
価格 最も安い 変速機なしと比べ、段数が増えると高くなる

チェーンよりメリットの多いベルトドライブ

ペダルの回転を後輪に伝えるものといえばチェーンが当たり前でしたが、最近ではベルトを使った自転車も登場しています。ベルトドライブは注油が不要で、伸びたり切れたりすることもまずありません。また、オイルによる衣服の汚れは皆無で、自転車運転時の音も静か。足にかかる負担も軽減されてと、まさにいいことづくめです。ただ、ベルトドライブの自転車は選択肢が限られますし、 人によっては「もっと踏み応えのある操作感のほうがいい」と感じることもあるでしょうから、 その場合は通学用自転車にチェーンドライブを選ぶとよいでしょう。

自転車の安全性を高めるローラーブレーキ

自転車走行時の安全を支える最も大切な部品がブレーキですが、目立たない存在だからでしょうか、乗っている自転車にどんなブレーキが付いているか意識されることはあまりないようです。ブレーキを選ぶ際の欠かせないポイントは音鳴りの有無。音鳴りは単にうるさいというだけでなく、必要なブレーキ操作をためらう理由にもなります。今は音鳴りがしにくく、軽く握ってもよくブレーキが効くローラーブレーキが大半になりましたから、それが通学用自転車を選ぶ判断基準のひとつとなります。

仮に音鳴りがした場合も、ローラーブレーキならグリスを注すだけでほとんど収まってしまいます。かつて主流を占めていたバンドブレーキは、油分がついたとき音鳴りがしやすく、しかも油分を取り除いてもやまないときがあります。そうなるとブレーキ本体を交換するしかありません。

自転車タイヤのパンクトラブルを防ぐコツ

通学用自転車において発生するトラブルの代表格ともいえるパンクも、未然に防ぐことができます。 ポイントは接地部の厚みを増したタイヤや、接地部を異物が貫通しにくい素材にしたタイヤを選ぶこと(両方を兼ね備えたものもあります)。ただし厚みを増しただけのタイヤは重量も増し、軽快感が損なわれてしまいます。やはり多少高価であったとしても、接地部を貫通しにくい素材としたタイヤがいいでしょう。

また、ちょっとした気配りをするだけで、パンクの発生を減らすこともできます。ひとつはタイヤの空気圧を適正に保つこと。空気の抜けたタイヤは抵抗が増し、乗り心地が劣るだけでなく、段差にぶつかったとき中のチューブがはさまれて穴が開いてしまいます。もうひとつはパンクしにくい走り方をすること。前述した通学路の段差や、パンクの原因となるガラスや金属の破片がたまりやすい道の端を避けて走ればいいわけです。 また、直射日光や水分によってタイヤのゴムが劣化しますから、屋外で屋根のない場所よりも屋根のある駐輪場に通学用自転車を置き、それらを避けることも必要です。

通学の行き帰りにタイヤがパンクしてしまうと、学校に遅刻したり帰宅が遅くなったりします。それですめばよいですが、下り坂の途中で前輪がパンクしようものなら、自転車はコントロールを失ってとても危険な状態に陥いるため注意しましょう。

au損保の自転車向け保険 詳細・お申込みはこちら