トピックス

2017年2月27日

「埼玉サイクルエキスポ2017」協賛活動報告
『セーフティ スマイル コバトンプロジェクト』スタート!

au損保は、2月25日(土)・26日(日)に埼玉スーパーアリーナで開催された日本最大級の自転車総合イベント「埼玉サイクルエキスポ2017」に協賛いたしました。
今年4回目を迎える埼玉サイクルエキスポは、あらゆる種類の自転車が大集合し、試乗体験、ステージイベント等、自転車ファンから、初心者、ファミリーまで楽しむことができるイベントで、多くの来場者が訪れました。

25日(土)には、メインステージで「au損保プレゼンツ セーフティスマイルコバトンプロジェクト(以下、プロジェクト) ※1発足式」が行われました。本プロジェクトは昨年9月、au損保と埼玉県との間で締結された「自転車安全利用等に関する協定(以下、協定)」※2をきっかけとして発足した自転車交通安全のためのプロジェクトです。ヘルメット着用について「自転車販売時に購入者に対する着用啓発」や「社員へのヘルメット着用励行」によるムーブメントの創出など、参加メンバー※3である埼玉県内で事業を展開する各企業が、プロジェクトの一つの枠組みの中で自転車交通安全に関する活動に取組みます。
au損保亀田社長から「埼玉県民の皆様の安全で安心な楽しい自転車ライフを応援します」とういう趣旨説明の後、プロジェクトの参加メンバーも登壇し、各メンバーから具体的な活動内容が報告されました。これに対し、埼玉県上田知事から「同じ思いを持つ方々と一緒に交通安全運動を盛り上げていきたい。」と応援メッセージがありました。
発足式に先立ち、亀田社長が上田知事に寄付金※4を贈呈、上田知事からは亀田社長へ感謝状が贈呈されました。

【メインステージ】

プロジェクト発足!
寄付金贈呈 上田埼玉県知事(左)と亀田社長(右)

また、au損保は、今年も会場にブースを設置しました。埼玉県のマスコット「コバトン」と「さいたまっち」の特大サイズぬいぐるみとの写真撮影コーナー、安全利用啓発をふまえた自転車ルールをクイズ形式で学べるコーナー、保険相談コーナー等を設け、多くの来場者にお越しいただき、ブースは活気に溢れ、ご好評をいただきました。

【 au損保ブース】

au損保は、今後も様々な活動を通じて、自転車の交通安全啓発とその適正な利用促進に努め、皆さまの安全で安心な楽しい自転車ライフをサポートしてまいります。

※1 『セーフティスマイルコバトンプロジェクト』

埼玉県の自転車条例に基づく、県の活動、自転車のルール・マナーの内容や自転車に関する情報を広く県民に伝え、安全利用にむけた意識醸成を図るプロジェクト。
埼玉県や企業・団体が個別に実施していた「交通安全に関する活動」を、一つの枠組みに収めることでお互いの持つ資源を有効活用し、より効果的なプロジェクトとして活動を行っていく。

※2 「自転車安全利用等に関する協定」(埼玉県とau損保間で締結/2016年9月)

【主な内容】

①自転車安全利用の推進

・イベント、アプリ等を通じて「自転車保険の加入」「自転車マナー」「ヘルメット着用」などを県民に啓発し、自転車の安全利用を推進する。

②県の魅力発信と「じてんしゃ王国 埼玉」の推進

・アプリやウェブサイトを通じ、「じてんしゃ王国 埼玉」の魅力発信に協力する。

③保険収益の寄付と県の施策への活用

・au損保が埼玉県民が契約した自転車向け保険の収益の一部を県に寄付し、県の交通安全対策等に活用する。

ニュースリリース: http://www.au-sonpo.co.jp/corporate/news/detail-115.html

※3 プロジェクトの参加メンバー (2017年2月27日時点)

・埼玉県

・株式会社テレビ埼玉

・株式会社あさひ(自転車販売)

・株式会社オージーケーカブト(ヘルメットメーカー)

・ホダカ株式会社(自転車開発・輸入・販売)

・株式会社イトーヨーカ堂(小売業)

・au損害保険株式会社

※4 寄付金

協定に基づき埼玉県交通安全対策協議会へ寄付。自転車をはじめとする埼玉県内の交通安全活動に役立てられます。

お問い合わせ先:カスタマーセンター  
TEL 0800-700-0600(無料)

営業時間:9時~18時(年末年始を除く)  

以上